日本情緒あふれる神前式

東京の神前式

東京の神前式を資料請求

神前式・神前結婚式

日本の伝統挙式、神前式。

個性豊かな神前式が行える、東京でおすすめの会場をご紹介します。

気になる神前式をまとめて資料請求できます!

ホテル椿山荘 東京

ホテル椿山荘 東京

東京/目白

Wedding Plan(50名様〜)『シンフォニー』
【2013年3〜6月月期間限定】
挙式料(神前式)+お料理+お飲物+挙式撮影など

期間限定の特別プランご披露宴50名様の場合、通常価格より約40万円もお得になります。挙式料・衣装も含めた充実したプラン内容です。

原宿東郷記念館

原宿東郷記念館

東京/原宿

原宿物語
50名 950,000円〜
神前式(初穂料別途)+パーティープラン

東郷神社の本殿で執り行われる神前式は、日本古来の伝統美とモダンでスタイリッシュなテイストを取り入れたオリジナルの結婚式です。

大國魂神社結婚式場

大國魂神社結婚式場

東京/府中

御本殿挙式特別プラン
40名 820,000円
挙式料+料理+飲み物...etc

夕暮れと共に始まる、かがり火挙式は、神秘的で荘厳な挙式です。1900年の歴史を誇る神社ならではの神前式を執り行います。

神田明神結婚式場明神会館

神田明神結婚式場 明神会館

東京/御茶ノ水

特別プラン 結+会食
20名 769,025円
神前式+衣装+料理+飲み物+写真...etc

雅楽の生演奏の中進む、参進の儀。縁結びの神さまとして親しまれてきた、由緒ある江戸総鎮守・神田明神での神前式となります。


八王子日本閣ノースアンジュプラン

八王子日本閣ノースアンジュ

東京/八王子

40名 830,000円
挙式料(神前式・チャペル式・ガーデン挙式)+お料理+お飲物など

ノースアンジュプラン(披露宴プラン)料理、お飲み物、装花、ペーパーアイテムがそろった充実のプラン

品川神社

品川神社

東京/品川

神前式+会食会(紋屋)
10名 345,000円
挙式料(初穂料)+衣装+美容+着付け+料理+飲物

徳川家康が関ヶ原の戦いで先勝祈願をした、源氏ゆかりの神社です。初宮、七五三、成人式の参拝も人気で、一生涯行きたくなる神社です。

居木神社

居木神社

東京/大崎

神前式+会食会(大志満)
10名 293,500円
挙式料(初穂料)+衣装+美容+着付け+料理+飲物

居木村 現在の大崎の総鎮守、鎮守の森として地域氏子から、絶大な指示を受ける神社です。神職の祝詞の声が良く、神前式の典儀 進行が分かりやすいと、新郎新婦、参列者から評判も高いです。

代々木八幡宮

代々木八幡宮

東京/代々木

神前式+会食会(なだ万賓館)
10名 324,500円
挙式料(初穂料)+衣装+美容+着付け+料理+飲物

前の東京都神社庁庁長の神社でもあり、神事祭典の作法はとても綺麗で丁寧。神前式での三々九度、親族固めの盃の儀は必見です。
挙式後の会食会、披露宴会場にもアクセスが良く便利です。


湯島天神

湯島天神

東京/湯島

神前式+会食会(海燕亭)
10名 308,000円
挙式料(初穂料)+衣装+美容+着付け+料理+飲物

菅原道真を祀る天神さんで古くから親しまれ、上野、御徒町からのアクセスも良好。境内の庭を背景に写真撮影はおすすめ。参進時、本殿に進む太鼓橋は海外のカップルからも好評価。拝殿天井に描かれる龍は、力強く、新郎新婦のこれからの人生を導き守って下さるでしょう。

芝大神宮

芝大神宮

東京/芝大門

神前式+会食会(なだ万ニューオータニ)
10名 381,250円
挙式料(初穂料)+衣装+美容+着付け+料理+飲物

江戸のお伊勢さんと親しまれ、江戸っ子自慢の神社。著名人の結婚式も数多くご奉仕されています。 芝大神宮オリジナルの幸合わせ福結びの儀は、お二人の一生涯のお札を作ります。厳粛で華やかな結婚式が執り行えます。

赤坂氷川神社

赤坂氷川神社

東京/赤坂

神前式+会食会(芝とうふ屋うかい)
10名 386,250円
挙式料(初穂料)+衣装+美容+着付け+料理+飲物

日本の森、都会の杜、誰もが境内に一歩足を進めるとこの森に包まれ癒されます。徳川八代将軍吉宗公に創建され、現在は東京都指定文化財にもなっているます。 心温まる神前式の式次第に、み櫛預けの儀があります。
古事記ヤマタノオロチの神話に基づいており、とてもロマンティックで女性に人気の神前式です。


神前式

東京の神前式を資料請求

日本の心、神前式

最近は国際結婚も多くなり、とくにお相手の方が外国人の場合は、日本の神前式にとても興味をもたれています。
やはり日本の古き良き伝統を引き継いだ神前式は、日本人の心に深く残ります。
神前式により、家と家が結びつく、縁結びの考え方こそ、日本人が忘れてはいけない本来の結婚式の形かもしれません。

紋付袴・白無垢

神前式・神前結婚式について

神前結婚式とは、神様の前でおふたりの結婚の報告をする儀式のことを言います。日本古来の伝統的なしきたりを重んじる神前式は、大正天皇のご成婚を記念して行った神前結婚式がはじまりと言われています。

これまでの神前式では基本的に参列するのは両親と親族のみで、神前の前で三三九度の盃を交わし、玉串を捧げ結婚を誓う伝統的な古式ゆかしい挙式でしたが、最近では友人たちも参列出来るような新しいスタイルを取り入れる神社も増えてきています。

ここでは、神前式の流れを簡単にご紹介します。式場選びの参考にしてみてください。
※神社によって順序や内容は異なる場合もあります。

鳥居 品川神社 盃 参進の儀 玉串奉奠

神前式・神前結婚式について

  • 1.入場
  • 巫女の先導に従って、新郎新婦、媒酌人、新郎両親、新婦両親、新郎側親族、新婦側親族が入場(神前に向かって右に新郎側、左に新婦側の親族が血縁関係の強い順で入場)
  • 2.修祓(しゅばつ)
  • 神職が祓詞(はらえことば)を秦上し、大麻(おおぬさ)で新郎新婦と参列者全員のお祓いを行う
  • 3.祝詞奏上(のりとそじょう)
  • 斎主は、神様におふたりの結婚の報告と神々の加護を祈る
  • 4.三献の儀(さんこんのぎ)
  • 新郎新婦が三三九度の盃を交わす
  • 5.指輪交換
  • 結婚指輪を交換する
  • 6.誓詞奏上(せいしそじょう)
  • 新郎新婦は神前に進み、誓いの言葉を読み上げる
  • 7.玉串奉奠(たまぐしほうてん)
  • 新郎新婦は神前に進み、玉串(榊の枝)を神前に捧げる
  • 8.親族固めの盃
  • 両家が親族となった誓いの盃を交わす
  • 9.斉主一拝
  • 式が滞りなく取り納めたことを神様に報告する
  • 10.退場
  • 斎主、新郎新婦、媒酌人、親族の順に退場